ありがとう、高度制限緩和!

April 27, 2015

相も変わらずおバカなPSO2ライフを満喫しています。
アークス諸兄は坑道アルティメットでハムハムに勤しんでいる真っ最中だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。前回の記事のタイトルが『どこでハムハム…』でしたが、『どこをハムハム…』だど全く意味が変わるなぁなどと、記事を書いた後に気づいたり、それでも放置しておいたり。いろんなところを、ハムハムしたいものですね。
さすがにこのご隠居をハムハムする場所は…。


砂漠エリアでジェスチャーEトラを攻略すると、稀に顔を見せてくれるリリーパ族のご隠居。例に違わず「りーっ!」と歓喜の声を上げて去って行く様を見ると、おれも元気なままで年を取りたいものだと、ふと現実に帰ってしまうものです。

若い話題に変えましょう。
若い、もとい無駄な勝ち気を持つ我らがラスポス「ニャウ」。今回は新入学生のコスプレで登場です。


いつか菅沼ディレクターが「EP3の開発部隊は、とにかくニャウを出したがる」と言及していましたが、こう毎回出て来ると開発者の中でぞっこんの方がいるのかもしれませんね。やっぱり女性の方なのかなぁ。


あいたー
「ついてこれるかにゃー、くらえー」と地味に痛い攻撃を繰り出して来る訳ですが、ヒットしたときは可愛い星のエフェクトが発生するのですね。普段避けてしまうので気づきませんでした。


ぶぶー
勉強が嫌いでも、ランドセルを放り投げては行けません。かつて軍用品だったランドセル。おれも豪快に乱暴に使ったものですが、最後まで役割を果たしてくれました。おや、ランドセルにリコーダーが刺さっています。小学生など何年前の話か知れたものではありませんが、何年経っても学校の教育は同じ事を繰り返しているだけということなのか…。



拡大してみると、毛がもふもふなニャウ。肉球もよくつくられていますね。


さて、無駄にスクロールが必要な枕となってしまったわけですが、先日のアップデートで重要な事が言及されていました。


・時限能力インストールにおいて、影響範囲が「地下坑道」となっているものは「壊世区域:坑道」でも効果を発揮するようにします。

・以下のフィールドにおいて、プレイヤーの高度制限を緩和します。
「森林」フィールド
「火山洞窟」フィールド
「砂漠」フィールド
「採掘場跡」フィールド


約束を果たしてくれた!
2ブロック化はまだの様ですが、何よりもちゃんと実施してくれた事が嬉しい。つい2週間前にブログで言及したのでタイミング的にもぴったり。嬉しさのあまりこんな動画を撮ってしまいました。


FiとGu。PSO2のゲーム設計上全くちぐはぐの組合せかもしれませんが、これで遊んでいる時が一番楽しい。かつての最高高度に達しているかどうか定かではありませんが、我ながら高いところまで飛べたものです。Guは今回のアップデートで大幅に強化されたので、しばらくうろついてみるのも悪くないかもしれませんね。





今日はどこでハムハムするか…

April 20, 2015


男は、女を一生見る

とは、スレード中佐の由来である映画の、スレード中佐自身の名言ですが、その見るべきものは割と身近な所にあったようです。チームメンバーのセカンドキャラターです。先日のウィナーズ・デザインシリーズの衣装も大変魅力的でしたが、そこはプロのデザイナーが拵えた衣装、テイルズ・シリーズの衣装も全く退けをとっていません。

Viva,お姫様衣装!!

と言ったところでしょうか。


相も変わらず気に入ったスクリーンショットを撮影しているだけの日々ですが、キャラクターにフォーカスを当てて撮影するケースは実は少ないの方なのです。普段はこの様な風景が大きく見えるようなスクリーンショットばかりを撮影しています。今回珍しくキャラクターを撮影したのは、PCスペックに悩むチームメンバーがSNSのアイコン画像に設定5で撮影した画像を使いたいとの要望があったため。
こうなると、普段手間を惜しんで避けている画像加工によるグレードアップを施す能力が欲しくなるものです。これを機会にやってみようかしら…。


何度か掲載している崩壊した都市のパラレルエリア。今回はダーガッシュ、リグシュレイダの海洋ダーカー一味が出迎えてくれました。愛用するサクリファイス・ダーカーはいわゆる10503で属性は光です。あっと言う間に殲滅できてしまいました。エネミーがいなくなった後のフィールドは、プレイヤーの撮影会場に他なりません。パラレルエリア全般に言える事ですが、思わず外に飛び出してみなくなるような素晴らしい空です。いちいち大それた事をと思うかもしれませんが、42インチのプラズマTVでこの一幕を見ると、感嘆の念を抱いてしまうものなのです。


さて、Twitterリツィートイベントのおかげで4/22までボーナス期間になっていますね。これはアルティメット森林でハムハムしてたときの一幕。大きなモニターでゲームをしているせいか、まぶし過ぎて何も見えませんでした。友人にPSO2 esを熱心にプレイしている者がいますが、曰く『esの方がPSO2初期の頃のような、みんなでハムハムしている感がある』とのことで。難易度の高いチャレンジクエストをクリアする為に固定メンバーでプレイする潮流も悪くないですが、このゲームの思想の一つであった『見知らぬ人とのひととき』を大切にするスタンスが、個人的にはツボだったりするのです。来るリリーパアルチでは森林のような閉鎖的な潮流が発生しないことを望みます。

ファイターの視界

April 12, 2015

次アップデートページが発表されましたね。森林エリアのアルティメットクエストが発表された時期が昨年12月ですので、かれこれ4ヶ月で次のアルティメットクエストが発表されたことになります。森林エリアでは、いわゆる『アンガ掘り』なる手法が編み出され、PSO2運営陣が描いたアルティメットクエスト像とはかけ離れたゲームが展開されてしまったせいか、今回のクエストでは色々手を加えたようです。新たな☆13を実装しただけではまた同じ現象が起こるだけですから、無理もないことでしょう。もっともアーレスエッジを手に入れてからダブルセイバーの存在を思い出した1ファイターとしては、ダブルセイバーPAの改善ニュースの方がウェイトが大きかったりするわけですが…。

さて、デイリークエスト消化がてら浮上施設を警らしていると色々撮れたので記事に起こしておきます(警らとは聞こえがいいですが、やってることはテロリスト撲滅の名目の元、原住民も殺戮しているのですから『Artificial Relict to Keep Species』という名札はどこに行ったのやら)。


せっかくのコンガのリズムが消えてしまうので浮上施設エリアでは毛嫌いしているバル・ロドス、の親分バル・ドミヌス。彼とのツーショットです。


む、いい女だ

おっとこの画像じゃなかった。実装後、チームメンバーの面々が飛びついた『イロイスアルキュリア』、の黄色版。黄色という色は人を楽しくさせる効果があると言われています。それが影響しているのかどうかわかりませんが、今回のシーを見ると何故かこの動画を思い出してしまうのです。


朝のテレビで見ただけなのですが、何故か耳に残っていて…。因みに酔っ払っている時のおれはこんな感じ。いや、そう思っているのは自分だけで、他の人からすればただの迷惑なおっさんですね、きっと。

気を取り直して本題の画像へ。毎度の如くナイフでぴょんぴょん飛び跳ねているだけですが、結構高いところまで飛べるもので、



頑張れば壁の向こうの世界を拝むことができるのかも。その前に高度制限によって強制降下させられそうです。一部のエリアでは解禁された状態になっているようですが、EP3で発表した『高度制限の緩和』と『フリーエリアの2ブロック化』を忘れずに実現してほしいものです。テスト工数など開発の都合を考慮すると、EP4の大型アップデートになりそうですねぇ。でもいいのです、下手にバグを撒き散らすより安全な運営を優先してほしいと思います。首を長くして待っています。


海岸エリアの船では余り意識しませんでしたが、遠方から見るとバル・ロドスはかなり大きなエネミーであることが確認できます。



いつぞや、パル・ロドミヌスと対峙した時に「冗談じゃねぇよ!!」とビビったものですが、森林アルティメットの主ディアボイグリシスの炎を味わった今でもすごいなぁと感じてしまうのです。全然本気出してないと思うんですよね、彼。二枚目の画像を撮った時に自慢の水鉄砲で浮上施設の石壁を破壊しまくったことを考えると。


※※
他の方のブログでも言及されていることですが、各種緊急、アルティメットクエスト、及びチャレンジクエストにおいて、手前が気に入らないことがあると、すぐにクエスト破棄するキンタマの小さい根性無し達の対応してほしいとチームメンバーが嘆いていました。チャレンジクエストは一時間以上を軽く費やすため休日しか出来ないの事情を抱えている都合、楽しみにプレイしている身としては甚だ興冷めしてしまう出来事です。「そんなに気に入らないならフレンド増やして固定メンバーで楽しんでくれよ」と思う次第です。開発の足を引っ張るようなことしてるから、予定していた案件に対応できなくなるということをお忘れなく。
Powered by Blogger.