中年コスプレシリーズ - プロフェッショナル -

June 19, 2017

鳥のさえずりが聞こえる。
風が草木を揺らし葉がこすれる。

潜伏の緊張を一切揺るがせることなく、男はかつての戦いに思いを馳せた…。


緊急の連絡を受け、一般人二名を救護。護衛任務は己れの身を守りつつ護衛対象の身も守らなくてはならない。守るべき身は三つだ。


砂漠での任務は、戦いそのものだけでなく暑さと乾きとの戦いでもあったな。


大型の銃器をもってしても戦車には歯が立たなかったが…


なに、トラップで足下から崩してやれば奴も身動きが取れなくなる。
どんな奴にも必ず弱点はある。


男の目は、苦難を乗り越えて来た歴戦の戦士のみが持ち得る自信と警戒に満ちていた。

2015年2月、アヴェンジャーショートの仕様に嘆いてから二年の月日を経て、ようやく当時思い描いたコーデに辿り着く事が出来ました。


コーデ詳細

フェイスタイプ: 壮年
ヘアースタイル: 大神ヘアー
メイクパターン1: 強面シワ
メイクパターン2: なし
ボディペイント1: なし
ボディペイント2: 指ぬきグローブ黒
アウターウェア: なし
ベースウェア: ゾディアック・カモ(栗、雪、影)[Ba]
インナーウェア: ブレイブ・グローリー影[In]
アクセサリー1: ブラックレッグナイフ
アクセサリー2: ミリタリーベルト
アクセサリー3: 背徳者の帽子
アクセサリー4: (頭乗せ白文鳥)
武器(迷彩): *炸薬狙撃銃・連式、ノルリドニーク、D-A.I.Sバルカン


強面シワ、いい仕事してます。平時中佐にはフェイスタイプ『中年』を当てていますが強面シワが貫禄を想起させるため今回はフェイスタイプ『壮年』を当てました。アーミー系アクセサリーをこつこつ集めておいてよかった。この手のアクセサリーは根強い人気があるので再販された際に値動きを見つつ購入するのが吉ですね。後はパイナップル(手榴弾)でも用意してくれれば最高なんだけどなぁ。ちなみに背徳者の帽子はアクセの例に倣って最後に身につけたコスチューム、アウターウェアの色を反映しています。今回もこの常套手段を使って黒色バンダナを再現しました。何をモチーフにしたかは言及するまでもないでしょう。昨年のビバ・マッチョ以来中佐はすっかり筋肉質最大で固定されていますが、マッチョボディでも違和感ないあたり流石戦闘服。PSO2はEp4以来SF感も失われつつあるので、発想優先でコスチュームを用意されるのもいいかもしれないですね。サファイギリアスは未だに定番のバトルスーツですが…。


すぺしゃるさんくす


コーデ詳細


フェイスタイプ: 若顔
ヘアースタイル: 中分けショートボブ
メイクパターン1: リップカラー薄紅
メイクパターン2: ナチュラルメイク
ボディペイント1: ガーター&ストッキング
ボディペイント2: なし
アウターウェア: なし
ベースウェア: テーパードパンツ雪[Ba]
インナーウェア: ショートパンツ影[In]
アクセサリー1: なし
アクセサリー2: チェック柄トートバッグA
アクセサリー3: ボワールピアス水
アクセサリー4: なし



毎度サポートパートナーにも協力を仰ぎました。一般人を救うというシチュエーションに合わせ、より普段着なコーデに。このトートバッグ、何気にいい味出してますね。デフォルトサイズだと異様に大きなオブジェクトですが、サイズ調整すると自然な仕上がりに。バッグに描かれている猫娘マークもグッド。ここらへんのコーデは酔っ払いのおっさんよりもTwitterでならしたSS勢の面々の方がテクニックに長ける事でしょう。

ちなみに今回のゾディアック・カモ全種スクラッチ開始日にいの一番で購入しています。兵士の装いは切望してやまなかったもので。そういう意味では今回のスクラッチ『フレッシュ・スクールデイズ』は兵士路線を望むアークス諸兄には垂涎のスクラッチと言えますね。ナイスです、エンガ兄ちゃん。

※※
ちなみに冒頭の二文は本当に森林エリアで聞こえて来る音です。最初期のエリアですが、作り込みが緻密ですね。

短記事: ショップロビーの怪 !

June 14, 2017

!?


!!??


!!!!!!!!


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

満を持して公開された新クーナライブ。
Ep4のエンディングスタッフロールで流れていたあのライブですね。ウィスキーを煽りながら「おぉ、クーナさん、新しいライブ衣装もイケイケですな、次の人気投票は堂々の一位か!?」と関心したものですが、初日はこんな有様。当方のグラボ・設定はGTX-1060・設定6ですがアークス諸兄諸姉はどんなライブをご覧になったでしょうか。

3Dの描画エンジンに関する知識など微塵の一欠片もありませんが、PSO2グラフィック班の勤務時間がぐーんと上がりそうで怖いです。水野さんとかひいひい言ってそう。手前のエースが調整したものを入念に最終チェックとかするんだろうなぁ…。

短記事はあまり書かないことにしているのですが、久しぶりに正当な状態で怪奇現象が見れたので思わず書いてしまいました。
笑っちゃいけないのですが、こりゃ~あんまりだ

※※※※
クーナさんのびっくりメイクも注目だったのですが、ノリノリで踊るソル・バッドガイが目立ちまくりで
Powered by Blogger.