TDエアチェイスは、至高の贈り物

18:59

と~ちゃんのためぇなら、え~んやこぅぉらっ
もひとつ、おまーけで、え~んやこぅぉらっ

と、思わず口ずさんでしまう、新要素ギャザリング。
実装当初はその回転率の悪さに戸惑いましたが、『5時間は別のことをする時間と考えればええやん』という考えに至り、朝出勤前にツルハシで汗をかき、帰宅後晩メシの魚を釣ることにしました。

焦らず気長にやるんやでぇ

というのが、結論でしょうか。

ギャザリングに伴い、フランカ's カフェも大盛況のようですね。


一部では、公式の人気キャラクター候補たちをすっとばして一位に推薦されているラブリーガールや、



思わずとろとろになってしまう美声のゴージャスレイディが出迎えてくれるようで。

「どちらになさいますか?」だと? そうだな…

つい、アダルティなネタに走ってしまうところでしたが、今回はそういうことが目的ではないのです(いい女が相手じゃしゃーない)。このアルーチェ嬢が用意してくれる『TDエアチェイス』、こいつのレビューが目的なのです。


swiki等で詳細はすでにご存知のことと思いますが、その特徴をざっとおさらい。


  1. 空中で通常攻撃を行うと、ロックオンしたエネミーに高速で張り付く(張り付くというより画面がずれる)
  2. 地上では発動しない
  3. ロックオンしていないと発動しない(肩越し視点でも発動しない)
  4. 「スケアフーガ」、「ファセットフォリア」、「フォールノクターン」 以上3つのPAに通常攻撃と同様の位置移動(ハリツキ)が発生する
1. の効果により、エネミーに張り付くためPAを発動する必要がなくなり、PP工面が非常にやりやすくなりました。ただ、本当にロックオンしている部分に急速に画面移動するため、ボスのようなロックオンできる箇所が多かったり、乱戦時にロックオンが乱れたりすると意図しない場所に移動する可能性があるため注意しましょう。アルチでアンガ・ファンタージと戯れていると、見当違いなところに移動したり…。

3. が流石に欲張り過ぎと思いつつも、可能な限り実現して欲しかったポイント。いやぁ、これ出来たらやりたい放題なんですけどね、肩越し視点でも視線の先の前方に移動できるとか…。

4. このPA挙動変化もとても大きなポイント。おれのスタメンPA全てが改善されていて本当に嬉しい。特に個人的に現ダガーPAの最高峰と買っているファセットフォリアにハリツキ効果が追加されたのは本当に大きい。長時間の無敵による緊急回避、高ダメ、エネミーが遠くに離れても追いかける強力な追尾効果による攻撃の継続、がもともと備わっているのでまさに要となるPAが無条件に上方修正されたと言ってよいでしょう。


ちなみにこの動画でやりたかったのは、1:11ごろにゼッシュレイダがくるくる回って火の玉を噴く攻撃を、TDエアチェイスで追っかけるという遊びです。それ以上のものはありません(二回目失敗しちゃいました)。…でもこの遊び、他のボスでも使えそうだな…。なるほど、これが新体験 !!

中年コスプレシリーズ - ワイルド3 -

1:35

よぅ、ルーキー
今日はおれと実践訓練と行こうじゃないか


なに、銃の使い方も知らないだと?
使い方は至って簡単、敵のハラを狙って引き金を引く
ただ、それださ


おっと、こいつはおれの相棒パンツァーファウストを改良した
火炎放射器さ
汚ねぇ虫けら共は、こいつで綺麗にしてやらねぇとな


戦士としての心構え、だと ?
ルーキーのくせに、なかなかいいことを聞きやがる

そうだな
どんな難局に陥っても、諦めないことが大切なのさ


渾身の一撃が、灰燼に帰した程度で
諦めちゃァいけない


チャンスは必ず、諦めない者に訪れるってもんだ


銃器は、鈍器ッ !!

っと、いけねぇ
ついアツくなってしまったぜ
おれも熱が入ってきたな

ここから先は、上級者向け


漢の真骨頂、ナイフのレクチャーと行こうか


まぁ、待てよ
接近戦において、最強の戦闘能力を誇るナイフを握ろうものなら、
心震え上がる気持ちもよく分かる


だが、急所を貫く必殺の一撃ってものは、案外地味なものなんだぜ?


スキを見抜いて、確実に仕留める
そいつが肝要ってものなのさァ


だが、重火器の豪快さは
この真髄とは別の魅力があるのも確かだ
強かさは、ナイフ
勇ましさは、重火器
と言ったところだな


全く、でけぇ白ダンボール野郎には
火薬をふんだんに仕込んだ一発をかましてやらないとなァッ
これでも、喰らいなぁっ !


はっ、どこを狙ってやがる
そんなヘボ豆鉄砲、誰が当たるかよォ !!


締めは己れの信ずるところ、
火炎放射器で燃やしてやらねぇとなぁッ
全く、こいつはでかい焚き火になるってもんだよなァ !!


コーデ詳細
ヘアスタイル: スパイキーウルフ
ポディペイント1: 指ぬきグローブM 赤
ボディペイント2: なし
アウター: モッズコート [Ou]
ベース: ラフジーンズ 紅 [Ba]
インナー: ヒューマンインナー M
アクセサリー1; レッグポーチ
アクセサリー2: レッグバレットベルト
アクセサリー3: ブラックハートWマフラー
アクセサリー4: ヘッドゴーグル


今回のサブタイトル、ワイルド3にピピっと来た人は、かなりの上級者。
かつてSEGAが誇るバーチャファイター全盛期の頃に一筋の旋風を巻き起こしたロボットポリゴン格闘ゲーム『ZERO DIVIDE』に登場するアーミー攻性プログラム、ワイルド3 そのものです。
※当時、意思を持つプログラムなど夢のまた夢、の次元だったのですが、昨今のITの躍進を鑑みると、そう遠くないうちに実現できてしまうのでは? と夢半分、恐怖半分に思い描いてしまうのです。
Viva, Sky Net !!

2月のアップデート、ストリートスタイルスナップで配信された男性向けレイアリングウェア、当初は全く頓着していなかったのですが、あるブログでモッズコートとジーンズの組み合わせの良さに気づき、スレード中佐に一役買ってもらいました。本記事の構想がよぎった時に、このページで紹介したカットのほとんどが完成しました。かつてのACアップデート、レジェンドオブヒーローズにて『フィーの双機銃』を購入しておいて本当に良かった。備えて入れば、容易に発想は思いつくというものですね。

前回のコスプレ記事で大きな問題だった、最もダイナミックに攻撃する様が撮影できないという点は、中の人が『愛』と『勇気』と『希望』を振り絞ることで、なんとか解決できました。※四苦八苦してボタン配置を調整しただけのことですが…。

前回のニンジャスレイヤーでは衣装の詳細が全く伝わらなかったと思い、今回はズームしたSSを多めにしました。



チーム「焼肉食べ放題』のマスターにこのコスプレをレビューしてもらったところ、「全然中佐らしくない」とのこと。詳しく聞いてみると、黒いサングラスにヒゲとハゲの親父のイメージがかなり強烈に残っているようで。スレード中佐の元ネタに、惚れて惚れて止まぬ中の人としては、『クラシックオールバック』でキメるスレード中佐のイメージを持っていて欲しいところではありますが、あのスタイルはそれだけでコスプレしているようなもの。無理もない。

コスチュームに益々費用がかかる事になったレイアリングウェア。
当初、一つだけで完成品を手に入れられないことに若干の戸惑いを覚えた次第ですが、バリエーションが増えるに連れ選択肢も増えることから、最近認識を改めた次第です。ただ、個人的には従来の1アイテムで完成品が手に入る選択肢も、残していって欲しいものです。次回コスプレブログの構想を既に練っている段階ですが、完成品で揃えたい、とも思うのです。
Powered by Blogger.