四匹が行くっ!イケメンDF討伐戦 - リベンジ - !!

July 27, 2014
丁度居合わせたチームメンバーだけで、
イケメンルーサーに挑んでみることになりました。

結果がこれ。


今回はゾンビすることなく討伐できました(しかも全部位破壊)。
前回はBrHuで参戦しましたが、
男なら己の選んだ道で挑戦せんでどうするということで、
FiHuで参戦しました。

…ファセットフォリア、
これ、めちょんめちょんに強いんですね。
前回かなり苦戦したぽっぽぽっぽとルーサーが吐き出してくる追尾性のある赤玉も、
このPAでやんわりとかわすことが出来ちゃったりします。
エネミーをつかんだ後の
長時間の無敵、かつ十分なダメージ、
しかもエネミーが密集してれば範囲攻撃にもなる。
困ったらこれ、みたいなPAだったんですね…。
こんな有能なPAを放っておくとは、
おれもまだまだ勉強不足というわけだ。

イケメンの二の腕を砕いたり
傘の宝石を全部ぶっつぶしてやったりと
個人的にはかなり満足の行く戦いができたわけですが、
それより何より、付き合いの長い連中と一つ目標を達成すると
その喜びも一入というわけです。

その後もこのメンツでチームCOを消化していたら
パラレルエリアに行くことが出来ました。


パラレルエリア、
実装当初はレア種と出会えるということで注目を浴びていたのかも知れませんが、
ここ最近は元気がないかも知れません。
新しいフィールドも追加されていないようですし、
このコンテンツにもテコ入れが必要なのかも知れませんね。
でも先日発表されたのイラストコンテストの作品では
『パラレルエリア【2周年】』のイラストに最も共感を抱きました。
PSO2のシンボルでもあるラッピーを中心に
可愛くまとまっています。

そしてSHAD海底で10分くらいPSEバーストをしていると
採掘防衛戦 - 絶望 - のアナウンスが…。
先日実装された初音ミクのライブを見ると、
レアドロボーナスを得られる様子。
1年ぶりにPSO2開発陣営が用意したライブです、
どんなものか見てみなくてはなりません。



…どこのお化けの話ですか…。
のっぺり能面な第一印象にもかなり恐怖を覚えましたが、
初音ミクの強烈な出目金にドンビキしてしまった次第です。
モデリング担当者とO.K.を出した上司には
反省会を開いてもらわないと
初音ミクファンに申し訳ないんじゃないんですかね?
いや、初音ミクファンの知り合いがいないので
詳しいことは分らないんですがね…。

変な意味はないので誤解してほしくないですが、
これならアークス諸兄が精魂込めて作った
キャラクターの方がよっぽど魅力的です。

お化け屋敷で暑さを凌ぐという残念な意味で、
夏に相応しいライブイベントを経ての
絶望戦の結果がこれ。


珍しく真っ赤っかのサークルじゃないか。
…でも☆11は一つも入っていなかったり。

そして、気がついたらPSO感謝祭 - in 札幌 - も終了し、
EP3での修正内容が発表されていました。
…これ、『時代キタッ!』と思っていいんですかね?
Hu、Fiの大幅なテコ入れ、
おれがRaを敬遠していた理由のツール系の不遇さにも
修正が入るようです。
映画『プレデター』のようなトラップを駆使した戦闘を、
堪能してみたいものです。
さらにTeのPPコンバートとスーパートリートメントが
低コストで習得できるって
やばくないですか?
ベイゼ破裂した後は、FoTeの天国ですよ?

…ともあれ、
ガッツポーズの無駄な硬直はどうなったのでしょうか?

EP3調整で期待すること

July 21, 2014
採掘防衛基地 - 絶望 - 、
これがかなり集客性の強いイベントになっていますね。
ダーカー勢揃い、
銃座、フォトン粒子砲も使えて
おまけにAIS。


これは三体目まで使えるようになった状態での
最終WAVEのワンシーン。
本当に一瞬のシーンでしたが、
すかさずPrintScreenボタンを押下してしまいました。

過去ロボットゲームに没頭した人にとっては
涎垂のイベントと言えるでしょう。
おれもかつて『ARMOERD CORE』というゲームに
のめり込んでいた時期がありましたので、
ナイーブな部分を突っつかれているわけです。
あのゲーム、PS2時代までしかプレイできていませんが、
終盤安心してゲーム出来ていなかった気がします。


いつもどおり前置きが長いですが、
今回の本題はここから。
EP3で解禁されるバウンサー(Bouncer)、
この動画を見ていて今後どんなことができるか
少し考えていました。



いつかの記事で
アタッシュオプスEx.1(全職装備可能)を作成したと報告しましたが、
あれはこういうことをするために作成したのです。


Guの最重要スキル、アタックPPリストレイトに
集気光でなんとか近づこうとしているわけです。
FiGuを経て武器切り替えのタイミングが見えて来ましたので
少しはこういう戦いができるようになりました。

未だナイフ、ワイヤー、ツインマシンガンの一部PAのみと
限られたものしかタイミングをつかめていませんが、
必ずしも武器アクションを挟まなくてもよいことがあるようです。
ただ、この切り替えタイミングの早さは集中力を消耗するため疲れます…。
しかも滞空を優先するために防御しない場合も…。
PAをつなげるかPP回復のためにツインマシンガンに切り替えるか、
防御を取るかなどなど…。
こういう状況下で、
スタンスなどスキル発動のガッツポーズ硬直は全くの無駄です。
最近、敵早いですよね。
ゲームのペースも2012年の正式サービスの頃とは
全然早くなっていると思います。

バウンサー解禁・その他各種調整で、
この動画くらいできるようになってもらわないと困ります。


もう一昔経とうするくらい昔の動画ですが、
何度見ても羨望の念を抱かざるを得ません。
PAの要素的にはいよいよ揃ったのではないかと思うんですけどね。
Br, Boの要素を見ると
開発者の中に熱心なファンが必ずいるだろうと
確信しています。

五匹がゆくっ!イケメンDF討伐戦 からの ...

July 20, 2014
先週のチームメンバーオンリーエルダー戦からの流れを受けて、
今度はルーサー戦に挑戦しました。

エルダーは平面的な戦闘になるので攻撃を読みやすいですが、
ルーサーは前から上から、おまけに追尾攻撃をやってくるので
色々と大変なのです。

果たしてどうなることやら。


好き放題やって足引っ張るわけにもいかないので、
FiHuではなくBrHuで参戦。
決してあともう少しでBrがカンストするからという理由からではないです…。

で、結果ですが…、
ボロボロでした。


勝利SSは残せたものの、
ゾンビ化したので『勝ち』とは言えないでしょう。
もう少しルーサーの攻撃を正しく去なせるようにならないとだめですね。

ポイントはぽっぽぽっぽと沢山だしてくる追尾性のある赤い球体、
マグマ、竜巻でしょうか。
刀の優秀な防御機能を存分に駆使し
『まるで幼稚園、お話にならない』
と、JGの決め台詞でチャット欄を溢れかえさせたいものです。

この日の楽しみはこのくらいかと思っていたのですが、
夜の採掘基地防衛線 - 絶望 - にて
チームメンバーのフレンドからお誘いがあったので
居合わせたチームメンバー共々参加させてもらいました。


カクカクするのが嫌なので描画するキャラクター数をかなり制限していますが、
やはり泥人形状態では気持ちが入りません。
…渋谷の往来を行き来するときは
周りの人のことを誰かいるな程度にしか認識できていないので、
この泥人形発想はなかなか的を射たものだとは思ってるんですけどね。
あういうところに足を運ぶと、
東京は「狭くて、臭くて、汚い」と再認識してしまいます。

話が逸れました。
で、実際の戦闘ですが、
結晶収集係りを買って出てくれた人の甲斐あって、
AIS、フォトン粒子砲をふんだんに使うことができ、
B判定でクリアです。


悪者カブトムシも顔を出してくれました。
AISがわらわらとボスに集るシーンはなかなか壮観でした。
五人戦隊シリーズの最終戦闘シーンさながらでしょうか。
正義の味方ロボット勢揃いと、悪者の大ボス、ですね。

このAISにはサブパレットにフォトン粒子法が搭載されているのですね。
機動力が高いのでガシガシ剣で攻め込むのも楽しいですが、
面倒になったらビームで一掃です。

『汚物は消毒だっ !』



『りーっ !!』


夏、本番っ!

July 13, 2014
エルダーよ、お宅もすっかり丸くなってしまったな。
チムメンだけでDFに挑み、
3人でも楽々勝利です。


これはその時の勝利SS。
どこからどう見ても、ロリコンおじさんにしか見えない。


さて、毎年聞くようになった『最強クラス』の台風が、
真夏の空気を置き土産にしていきました。

いや~、こう蒸し蒸し暑いと思わずビールをあおりたくなってしまいますね。
アークマが提供するロビアクによってゲーム内でも飲酒できるようになりました。
素晴らしいことです。

中身がコーラにしか見えないことはご愛敬。



チームルームを夜景拠点から海岸拠点に変えたことに続き、
BGMも変更しました。


チームメンバーは静かな曲を希望していましたが、
せっかくのビーチ、このさざ波に合う曲ではなくては。

この曲を聴いてると
パイナップルを使ったカクテルで一杯やりたくなっててしまいます。
プルーハワイ下さい、クラッシュドアイスもりもりで。

チームメンバーがハンモックでねっ転がって衣装自慢を始めたので
思わずロビアクで反応してしまいました。



この『カメラを構える』、
使い勝手の良いロビアクですね。
ついでにSSもオートで取ってくれればいいのに…。
それだと何とってるのかわからない。

…3枚目の画像を拡大表示して気づいたのですが、
カメラのディスプレイにはキャラクリ時の画像が表示されているようです。




Ein Prosit !!

July 06, 2014
Ein Prosit, Ein Prosit,
der Gemütlichkeit
Ein Prosit, Ein Prosit,
der Gemütlichkeit
Eins, zwei, drei, g'suffa!
Prost!

ドイツでお馴染みオクトーバーフェスト。
このドイツ民謡曲こそ相応しいロビアクがついに実装されました。


チームルームにはルームグッズが配置できないため
お食事がなくせっかくのビアガーデンも寂しいことになっていますが、
仕方のないことでしょう。
クマのプー太郎こと『アークマ』から安く入手できますので
まだ手に入れてないことは是非是非入手してください。
そしてロビーを酔っ払いだらけで埋め尽くしましょう。






この袖で口を拭う仕草と体位のずれがニクいと思うのです。


さて、『シップ対抗戦』と『闇へのいざない』によって
異様な盛り上がりを見せるPSO2ですが、
EP2の最後のストーリークエストをやり遂げました。
えぇ、三英雄には何度も殺されました。
FiHuで戦うとなると
スーパーアーマーばりばりのエネミーになっているため
ヒットアンドアウェイで隙を見つつ戦うしかないのでしょう…。
面白くない気もしますが
逆にヘロヘロの三英雄と対峙しても興が醒めるというもの。
ギリアスの武器『世果』、
ちゃんと柄が日本刀のそれになっていますね。
ええ、あの鮫皮のぶつぶつがあるようなやつ。


ヒューイ、カッコよかったです。
このストーリーではクラリスクレイスとヒューイのシーンが
一番キャッチーでした。
というか、イケメンルーサーはじめ
感情が高ぶっているシーンが多く、
声優陣のプロフェッショナルな業を堪能できます。

※※※※※
それが凄すぎてゲームシステムを吹っ飛ばして
見どころが声優になっているゲームで『フロントミッション5』がありました。
あのゲームのおかげで声優さんの演技の妙というものを
少しはわかるようになったのかも?
未だに『ハフマン紛争』というフレーズを聞くと
思わず反応してしまうのは大分やられている証拠かも知れません。
SHOPのBGMとか今でも全然イケます。
というより、むしろ齢を重ねてからこのBGMの良さが分かってきました。


※※※※※

それにしても、このストーリークエストは本当に長いですね。
死んでやり直しているため正確な時間はわかりませんが、
シーンムービーを全部見ると1時間近くかかるのではないでしょうか。


そして、ようやっとFiHuを楽しむために必要なものが手に入りました。


いつぞやの全職ヤスミ2000Hがありますが、
FiHuでは必要射撃力が到達できておらず装備できないのです。
必要なものは『集気光3』によるPPの回転率。
FiHuで射撃力云々を求めるのはお門違いでしょう。
FiGuなんてクレイジーな組み合わせで戦おうとする自体
このゲームの定石を無視している気がしますが…。

全クラスカンストに時間を費やすことも悪くないですが、
やはり己が好きなクラスで遊んでいるときが一番楽しいです。
緊急の仕様含め拘束力の強いゲームですので、
己が求めるもののために時間を使いたいものです。


Powered by Blogger.