SH堪能

October 27, 2013
気がつけば10月も後1週間。
2013年も残すところあと2ヶ月となりました。
今年予定されていた残アップデートは
海底フィールド、新12人緊急クエストだったと思いますが
件の事件から大幅なスケジュールの見直しがされたようですので
実際に実装されるかどうか不安に感じていたりします。
・・ちゃんと探せば4gamerなどで今後のリリーススケジュールが
公開されているのでしょうか?
ニコ動のPSO2放送局などでは、
ばっちり公開されているのかもしれませんが…。
ここまでゲームに入れ込んでいて
まったく放送局は観たことがないという体たらく…。
ええ、平日の帰宅時間は勿論22時過ぎですよ。Viva、社畜っ!

さて、全フィールドSH実装によって
どっぷりはまっているアークス達が
VH実装当時を思い起こさせる『まるぐる』を再展開していますね。
アドバンス、ExとSEGAさんも色々実装してくれましたが
個人的にはこの『まるぐる』が一番面白いんじゃないかと感じています。
ここ最近はDFを除くダーカー強襲系の緊急クエストが
すっかり身を潜めていますが、
あの頃は12人揃ってダーカーを薙ぎ倒し、
PSEバーストを何度もチェインしたものです。

VITAのスペックも考慮しなくてはいけなくなったので
湧きのサイクルなど見直しが入っているかもしれませんが、
いずれにせよ過去のPSEバーストの楽しみを
再び感じさせてほしいものです。

そう言えば、火山緊急でPSEバーストが発動したら
赤字で『+60』秒などという滅多に見ない延長が行われました。
発動条件が分かれば是非とも再現したいところですが、
残念ながら詳細は不明です。
ただ状況としては、
1つの大きな塊以外に少し離れた場所で
おれと後1人がばりばりダーカーを薙ぎ倒したってことは明らかです。
開発がPSEバーストの仕様を見直しているようなので
知られないところで調整しているのかもしれませんね。
というか調整してほしいです、マジで。

明けても暮れてもSHマップを闊歩しているわけですが、
目的はレアドロップではありません。
あんなものはどうせ2,3ヶ月で息が切れる存在です。
おれが狙っているのはLv16のPA。
メイン武器として扱っているナイフのPAでは
割と早くシンフォニックドライブが手に入りました。
…これ、Lv10の時に異様に強化されましたが
Lv16でも大幅に強化されていますね。
517 → 776 (消費PP: 30 → 28 !)ですか。
レイジング・ワルツを上回る追尾性能を存分に生かせば、
距離を詰めつつ大ダメージが狙えるということですね。

これの調整によって影を潜めたかに見えた
レイジング・ワルツですが、
ところがぎっちょん、SEGAさんはちゃんと住み分け考慮した
調整をしてくれたようですよ。


ダメージ 322 → 324 (消費PP: 30 → 20 !!!!)

これはっ!
全ナイフ使いが歓喜の叫びを上げざるでは得ないではないですかっ!
これでさらに空中戦を継続できるっ!!
困ったときはレイジング、困ってなくてもレイジング、というわけですな。
んで、エネミーをつかんだら、シンフォニック→シンフォニック→シンフォニック…。

その他PAでもナイフは好調整がされたようで、
ブラッディサラバンドの登場によって
すっかりスタメン落ちしてしまったPA達が
前線復帰といわんばかりに
大幅なダメージアップ、もしくは消費PP減がされていますね。
おれが好きなスケア・フーガもダメージが 479 → 718 と
大幅に向上されています。
あのPAは空中で戦っているときに足元でちろちろしているエネミー達を
巻き込むときにとても使えるんですよ。
投げモーションで、エネミーの行動を封殺するためにも有用です。

そんなこんなで
対ブラッディサラバントともいえる調整がされたナイフPAですが、
そこは低迷していたナイフに光を差したブラッディサラバンド。
1対多を切り抜けるための手段としては
俄然トップの性能を誇ります。
というか、もともとPAの額面よりも大きなダメージが出るPAなので
調整もひったくれも…。
『現状維持でよしっ!』ってところですか。

そして去年の今頃おれが最も好んだオウルケストラー…。
wikiでは 602 → 903 (消費PP: 32 → 30)と
ナックルPAのような額面になっていますが
入手元がダーク・アラグニちゃんのため今だ入手できず…。
楽しみはとっておきましょう。


強力な住み分けがされてPAの選択肢が増えたことは
全く好ましいことですが、スロットが足りません。

現状以下のようなスロットでプレイしています(FiHuの場合)。

上: レイジング・ワルツ → ブラッディサラバンド → スケアフーガ
右: デッドリーアーチャー → アクロエフェクト → トルネードダンス(去年から変化なし !)
下: バックハンドスマッシュ → バックハンドスマッシュ → バックハンドスマッシュ
左: シンフォニックドライブ → シンフォニックドライブ  → シンフォニックドライブ
select: アザースピン → アザースピン → アザースピン
start: 余った何か

※何を言っているか分からない人は、JoyToKeyで調べてみてください。

あぁ、「余った何か」にシュートポルカを割り当てればいいのか。

ちなみにですが、
レイジング・ワルツは切り上げ時にニュートラル状態になっているらしく、
ここで武器切り替えが出来ます。
例えば、レイジング → バックハンド で
ウォルガーダの顔面をタコ殴りに出来るわけですね。
これを他のPAでやろうとした場合、ニュートラル状態にするために
武器アクションを挟む必要があります
(過去の記事で紹介した動画の通りです)。
ちょっとしたことですが、割と忘れるので意識しておく必要があります。


さて、今日は龍祭壇で経験値ボーナスです。
Lv60以降、一体何にスキルポイントを振ればいいのか
判断できなくなっているFiですが、
先ずはカンストしてみます。
で、今朝がたチームメンバーと『まるぐる』してたら
念願のギルティ・ブレイクが手に入りましたよ。


確かドラゴンエクスのレア種、ノワル・ドラールの声優は
「榎本温子」さんとのこと。
同伴していたチームメンバーは「声かわいい」と言っていましたが、
おれにはちょっとヒステリックに聞こえて辛いものがあったりします。
それでも一言一言はっきりと何を言っているかが分かるところは
流石プロの業、ということでしょうか。
あの声でバードランドの子守唄でも聞かせてほしいところです。
…ハスキーとはちょっと違うのかな?

ギルティ手に入ったらからとりあえず休憩をと思い、
ボスルームに行ったら、また…。


今度は口元にホクロを付けて、お化粧モード全開。

「お弁当下げてどこまで?」
「ちょっとそこまで」

などと、となりのトトロのワンシーンのようなほのぼのした雰囲気は微塵もなく、
血眼になって斬りかかってきました。
ぶんぶん振り回す剣や盾やらを
回転ガードやブラッディサラバンドで去なしていましたが、
気がつくと死ぬ始末。
床掃除なら任せておいてくれ。
あぁ、ブラッディサラバンドは、前面しかガード判定がないから
奴の体がめり込むとダメージを喰らうのか。
くるくるガードが秀逸すぎて
他の防御で失敗するとは…。
ブラッディサラバンドを中断して、素直にくるくるガードしましょうか。


中佐、粋がる

October 15, 2013
SHが実装されて以来、
ダーカーを始めとする各種エネミーから
ワンツーとフックの三発を受けて
即死を繰り返す日々の中佐です。

なんだかDevilMayCryの
DanteMustDie(ダンテ死すべしっ!)みたいな状況になってきました。
いやはや、バージル兄ちゃんのスティンガーやら魔法で作った剣で
串刺しにされまくったのが懐かしいものです。
第一作目は、ファイナルバージル兄ちゃんと、ファイナルナイトメアが
群を抜いて難関でした。
ムンドゥスのおじさんは、本気ダンテが強すぎちゃって
ラスボスの貫録を失っていましたね。
『てめぇはおれを怒らせた』ってところでしょうか。

さて、武器を揃える前に防具を何とかせにゃならんかなぁという状況ですが、
そんなものはまた今度。
新しいツインマシンガン、ミズーリを手に入れました。



SHが実装される前から気づいていて
マイショップで並び始めた段階で購入するべきだったのですが、
なにぶんおれはノンプレミアアークスなので
☆10のレアアイテムを購入するには色々準備が必要なのです。
プレミアよりもプレモルの方が好みですので…。

ザムロード以来の初見で購入を決意したのが、
今回のアルティメットファイター、サファイギリアスです。
まぁ要は戦隊モノの衣装がなんだって話です。
子供の頃はメタルヒーローを好んで観ていたので、
敏感にもなろうと言うものです。
当時は工場の中にトラックを突っ込んでおしゃかにしたりで
いちいち金がかかっていて良かったですね。
日本も勢いがあったという訳です。

巷では10503という暗号めいた表記が流行りらしいですが、
現段階ではミズーリには潜在能力がないようです。
とりあえず+10にはしたのですが、
他のクラス限定武器には到底及ばない。
ミズーリの上位版が
現状トップスリーにランクインする性能ながら
全クラス装備可能という、
全ツインマシンガンユーザをわくわくさせる状況ですが
Exに潜るかSHに耽るか判断に迷うところです。
チームメンバーのハイヒト候補が
Exの☆11ダブルセイバーを振り回していましたが、
改めて逆算すると、
なかなか骨の折れる数をこなさないといけないことに気付かされます。
ミズーリM13を手に入れる過程で、
ダブルセイバーも手に入るという心づもりでかかればよいのでしょうかね。


ともかく、せっかく手に入れたことだし
久々にFiGuに復職して
存分に楽しんでみましょうか。
…Guをlv60にするまではGuFiがほとんどだったんですけどね。
いっそのこと、武器装備の制限を現状と逆転させちゃって
基本全クラスで装備できるけど、ペナルティが刺さるとかの仕様にしたら
戦術が広がって戦闘が楽しくなるかもしれませんね。

今後の先行きを祈願して、
画像を撮ってみました。




ツインマシンガンはポージングがいちいち粋ですね。
こんな角度が無茶苦茶じゃ、
絶対に標的に当たらないと思うのですが細かいことは気にしない。
後光も指しましたし、こいつはワンチャンあるかもしれませんね。

SH迫るっ !!

October 06, 2013

せいっ !


せいっっ !!


そぉぅりゃっ !!

SHに向け修行中、朝飯は生卵3つだけ…。

既出の構図ですが、
このパターンが好きなんですよ。
さて、いよいよ11/9(水)にSHこと、スーパーハードモードが解禁されますね。
いつかの悲劇が再発しないように
先ずは無事なリリースを願うばかりです。
SEGAさんは願掛けとかやった方がいいかもしれませんね。
…いや、こういうの結構大事なんですよ。
信仰心が云々というより、周りに与えるインパクトが。
「上層部も気合い入れてるし、俺たちもより一層気を引き締めねばなっ!」
という感じで気持ちというものは拡散するものなのです。

かくいう俺も「いつでも来いよ」と構えるために
FiGuをカンスト(Lv60)しました。

Fiは8月終わりにはカンストしていましたが、
Guは倉庫で熟成させていた経験値ボーナスアイテムを
じゃんじゃん使って急ごしらえにカンストです。
結局急ごしらえなので
Guの特性を飲みこんだ動きができるようになったかというと
全然そんなことはないです。
残念。

とりあえず、
前回実装されたスタイリッシュロール関連のスキルが
滅茶苦茶強いので
最近はくるっと回ってから攻撃を始めるという
異様な状態になっています。
くるっと回ってヒールスタップ、
くるっと回ってメシアタイムでしょうか。

メシアタイム…ボタン連打が緩和されたために
なかなか面白いPAに成長しましたね。
無敵時間をいいことに
DFアームの突進に突っ込んだり
ファング夫妻の咆哮に突っ込んだりで、
エネミーが止まっているもののなかなか攻めづらい状況でも
体の中にめり込んでぶりぶり攻撃してます。
FiGuで遊ぶ時は連携に組み込みたいPAにランクインです。

PSO2関連のブログによると
マターボードで☆10の全職装備可能のツインマシンガンが手に入る模様。
こりゃ、外伝マター進めてる場合じゃないですね。
いやー、結構アフィンちゃんが意味深なことを展開してくれるじゃないですか。






Powered by Blogger.