パティエンティア

December 22, 2013
2013年も残すところ後僅かになりました。
冬至ということもあってか身に凍みるような寒さですね。
じわり、じわり・・・。

ようやっとプライベートが落ち着いたので
心置きなくぷその世界に浸かることが出来ました。
あぁ、ついでにリアルに温泉に浸かりたいかも。
11月の中旬に那須温泉に行ったばかりなんですけどね。

さて、クリスマスビンゴも残すところ
ヒゲナマズ、もといMr.アンブレラとなっていたわけですが
無事今日の緊急クエストで達成出来ました。


この緊急クエストのBGM、どこかできいたことがあると思っていたら
なんと白セガサターンを購入すると同封されていた
X'masナイツのエンディングテーマでした。
購入特典で同封されたゲームのためか
内容的にはライトなボリュームでした。
やり込むようなタイトルではなかったのですが、
それにしてもよく覚えていたものです。

そんなこんなで、今は裏ビンゴにかかっています。
…また三姉妹の面倒を見にゃならんのか。


というわけで、Mr.アンブレラのカミサん疑惑が浮上している
ビオル・メデューナさん。
この人、いつも良く分からないうちに死んでるんだよなぁ。
あんまり攻撃らしい攻撃を受けてる気がしない。
いつもレイジング・ワルツで地上にいないからか?

打って変わってとても苦戦したのがこちら。
パティエンティアこと、アークス情報屋のパートナーカードを受け取るクエスト。
これのクリア条件がドラゴン・エクス討伐だったので
56歳HuFiソロで何度か挑戦した訳ですが、勝てない。
運が良くて二発で死にます。



ガードと相性のよいワイルドラウンドで攻めつつJGでいなす訳ですが、
タイミングがずれたり、
ちょっと向きが合わなかったりするだけで即死します。
不本意ながらチームメンバーに助けを求め、
なんとかクリアしました。

SHになってつくづく思うのは
ボスの攻撃頻度が極めて高くなっていること。
エクスの攻撃パターンは
バッシュ、切り払い、回転切り
の三段構えが多かったですね。
このパターンが間髪入れずに続くので
攻撃を仕掛ける暇がないという・・。
JGで攻撃してる錯覚に見舞われましたよ。


・・この姉妹、本当に仲がよいですね。


実装されて以来大きな問題の報告なく続いている
採掘基地防衛戦ですが、
簡単にはクリアできないようでなかなかやり応えがあります。

大取をかざるのはニコ動でもカブトムシと紹介された、ダーク・ビブラスさん。



紹介でカブトムシを言われていましたが、
特徴である角を確認できていませんでした。
このショットを見ると、
確かにイメージはカブトムシに固定されますね。
同種のダーク・ラグネ、グワナーダも参戦していますので
正に昆虫大決戦です。
アースノーマッドを用意しておきましょうか。


まだまだ右も左も分からないので、
キラキラ光る石集めに励みつつ
テキトーにバリアを張ったり、
フォトン粒子砲で遊んでみたりしているだけです。

これは報酬ですね。
開けると☆10のアイテムがドロップされたり
最近実装されたBrのディスクがドロップされたりしますので
地味にわくわくです。

1年前のエルダーさんに期待したことを
懲りずにまた繰り返しているだけですね、やれやれ。



チームポイント

December 15, 2013
世の中、すっかり年の瀬モードに染まりましたが、
いかがお過ごしでしょうか。

月替わりの先週、
日本を離れ、遠く南半球は豪州ケアンズに旅行していたため
切り替えに遅れました。

ええ、極上の旅行でしたよ。
TVでしか見られないような情景というのは
本当に存在するんですね。




正に「世界は広かった」と言ったところでしょうか。


さて、酔っ払いが珍しく酒以外のことでため息を付いていたら、
ぷその世界ではメリクリモード全開です。
もとい、今か今かと新12人緊急クエストを待ちわびている状態です。
オープニングも採掘基地防衛線のムービーに変わりました。



どんなクエストか全く楽しみです。
昨日始めてぷそ2放送局を見ました。
ニコ動の使い方を全く心得ておらず、
ノンプレミアということで
本家放送局からはじき出されたり、
併設(?)されたミラーサイトでやり過ごしたりしていました。

てか、トラフィック混んだくらいで弾き出すとか、
インフラ弱すぎじゃね?
金儲けのための施策なんでしょうけどね。
こんな狭量な仕様でグローバルに戦っていけるのか、ニッポンIT !?
ちょっと昔の本ですが、この本を一読することをお勧めしますよ?

で、実際のゲームですが、
今年も無事クリスマスラッピーにお目見えすることが出来ました。


3回ともお宅らかい。
タケミカヅチとか、おれまだ会ったことないんすけど。


アドバンストクエストで常用された出口バースト対策以来、
けちんぼ仕様に落ち着いてしまった
PSEバーストですが、久々に堪能できました。
流石PC勢、火力が違う。
お料理は、火が命といったところでしょうか。


すでにFiGuともにカンストしていますが、
この時ばかりは本職で堪能させて頂きます。
未だにオウルケストラー、エルダーリベリオンともに
ディスクlv16を入手できていません。
アラグニちゃん、ケチってんじゃねーよー。

PSEバーストの仕様調整も重要なポイントですが、
それに勝るとも劣らず重要なのが、

『チームメンバーとクエストをクリアすると、
チームポイントを取得できる』

正にこの仕様調整でしょう。

野良PTが下火になるので開発陣は乗り気じゃなかったんでしょうけどね。
今回も、その他仕様変更の末尾にちゃっかり書いてありました。


テルマエ・ロマエ

November 25, 2013
先日主要メンバーにチーム掲示板の存在を伝えて以来、
地味に利用しているようです。
紹介した甲斐があったというものです。
ただの雑談チャット状態なんですけどね。

チームメンバーが素敵なBGMをチームルームに流す様になって以来、
ちょっと休憩するときはチームルームによっています。
残念ながら曲名が分からないので詳しくは紹介できませんが、
弦楽器のゆったりとした音色が素晴らしいBGMです。
ちなみに我がマイルームのBGMは「PSU Valentime」で固定です。
プレミアユーザではないのでミニルームで聞く限りですが、
夕日が射した頃にあのBGMを聞くと
ため息が出るんですよ。

さて、細やかな楽しみが増えたチームルームが
大浴場に衣替えされていたので
休憩がてら浸かっていました。


これ、キャラクターの身長が低いと
顎どころか普通に沈んでしまうのが難点ですね。
なんか子どものころに、家の風呂で潜水していたことを思い出します。

ところで、この大浴場のモチーフは草津温泉でしょうか。
あそこは酸性の強い湯がでますので
寛ぐというよりも体調を整えるために刺激を加えているという印象を受けました。
硫黄の影響で緑色の淵になっているところとか、
草津温泉を想起させてなりません。
まぁ、日本のメジャーな温泉を回った訳ではないので、
実は別府温泉がモチーフだったとか
大いに有り得る話ですけど。

チーム掲示板

November 17, 2013
醒めよ、人
舶来盲信の時代は去れり
醉はずや人
吾に國産
至高の美酒はあり

サントリーさんの謳い文句ですが
思わず書いてしまいました。

幸運なことに日本酒の天鷹酒造の社長さんに、
簡単ではありましたが
酒造のガイドをして頂くことができました。
いやー、精米するとあんなに酒米が小さくなるんですねぇ。
吟醸酒などで利用される精米歩合50%以下の酒米は
ビーズのようになるまで削る
と言われていますが、
本当にビーズのように真っ白にな球体になるまで削られていました。
酒米はコシヒカリなどの食用とは異なり、
そのままでは茶色になっているので
尚更その差が際立ちます。

粟良くば色々な酒が手軽に飲める様になるんじゃないかと
浅はかな考えを頂いているのんベぇとしては、
TPPによる輸出入の解禁はとても気になる話題で、
失礼かと思いましたが社長さんに振ってみたら
がっちり作戦を練っていらっしゃる様子。
まったく頼もしい限りです。

店頭で買った日本酒もじっくり堪能させていただきましょう。


さて、いつも通り
どこに向かう訳でもなく
千鳥足でふらふらしているわけですが、
ようやく我がチームのマスタとマネージャがチーム掲示板の存在に気づきました。
というか、おれが教えたんですけど。
チームルームも利用価値が少なくて
あまり訪れる機会もないですから・・。



これはその時のシーン。
夜勤族のマスタとの連絡がこの掲示板で取れればようになればよいのですが。
・・連絡取る程チームで活動してるわけではないか。

アップデート予告ページが更新されるたびに
ちまちま確認しているのが「その他の仕様変更」。
あまり目立ちませんが、
過去にはツインダガーのギア効果向上の記述があったり、
コミュニケーション機能(チャットやPT検索など)の記述があったりで
地味に大きな価値のある情報が載っています。
12月の新12人緊急イベントも大きなアップデートですので、
これに併せて細かい機能拡張が行われると勝手に想像しています。

PSO2を存分に堪能したい人は
是非一読することをお勧めします。

爆弾処理班

November 03, 2013


今日も元気にハッスル、ハッスルッ!

この後よーく見ると分かりますが、
「ふぃ~」と言わんばかりに肩で息をするモーションが入ります。
細かいところですが、本当によく作り込んでいると思います。

ちなみにチームチャットは
Fiのスキル振りについて語っているところです。
右下のスキル群も実装されてしばらく経っていますが、
まったくポイントを振る気にさせないという絶妙さ加減。
「もう少し実用性を考えて、アイディアを出してくれよ」と
懇願したくなるスレイヤー関連スキルです。
アイディア出した担当者もさることながら、
それを許可した企画リーダにも
水をひっかけてやりたくなります。
…でも、SHでは2、3発で死ぬという過酷な環境。
逆境で戦い続けることを強いられることを考えれば
「スレイヤー関連スキルの発動条件が常っ!」と開き直るのもありなのかも。
…いや~、無理でしょう。
Huの右下(ガードスタンス系統)スキルのように
わくわくさせるスキルにしてほしいもです。
大幅な仕様変更は想定できないので
左下の枠に期待するしかないのでしょうね…。

さて、昨日は地下坑道経験値ボーナスデイでした。
11月アップデートのティザーサイトでも公開されていますが、
Brに新PAが実装される模様。
Guも早々にカンストを目指したいところですが、
Brも使ってやらねばなりません。




存在自体は予告PVで知っていましたが、
実際に確認したのはこれが初めて。
噂の時限爆弾です。
ダーカイムと何が違うねんっと突っ込みたくなるところですが、
上中下のボタンいずれかを押すだけで
爆弾が停止する点が違います。
なんとか無事Eトラ自体は成功したものの
ことごとく失敗しそのたび250前後のダメージを負う始末…。
むぅ、今回はエネミーがいなかったから良かったものの
エネミーに囲まれていたらこれはアウトだったなぁ。




これは共用ブロックでチームメンバーと駄弁っているワンシーン。
Fiの右下スキルもさることながら、
Foもなぜか氷系統のスキルツリーばっかりが伸びていく始末。
…細かいスキルで上っ面のバランスを取るより、
抜本的な見直しをすればいいのに。
Huのスキル再編やGuのSロールみたいな…。。
テクニックプレイヤーのチームマスタも
Foスキルの不甲斐なさにはご立腹どころか見限っている様子。
う~ん、誰得状態。
海底スキルは氷属性万歳になることを期待しましょう。
とは言え上位版テクニックもヘボいんですよねぇ…。

この駄弁りのおかげですっかり日付が変わってしまいました。
経験値ボーナスが森林フィールドにかわりましたので
噂の茜発掘がてらレベリングに勤しもうということで
ロックベアと戯れていました。
これはそのあとのパラレルワールドゲート。
チームメンバーと潜るのは何か月ぶりでしょうか。


続きのショットがこれ。
SHフィールドではファルス・アームが登場するということでしたが、
いいタイミングでお目見えできました。



ドロップ?
ええ、ただのメセタでしたよ?
ダーク・ファルスもすっかり不景気風邪にやられたらしく
ドロップの品もヘボヘボですね。
それでも膨大な経験値が得られるので
皆こぞって参加していますがこのままで大丈夫なのか?


youtubeでは11月の海底アップデートのPVだけではなく、
12月の新12人緊急クエスト『採掘基地防衛戦』のPVも上がっていますね。
公式ではないようなので
きっとぷそ2放送局でのPVを保存したものなんでしょうね…。
ダーカー総力戦を想起させるカットが盛り込まれていますが
実際の戦闘フィールドでは新しいダーカーがちょいちょい出ているだけの様子。
今頃は作り込みの仕上げを終えて
後は性能確認などをチェックしている段階のはず。
PVでは総力戦とは程遠い新ダーカーがちろちろ存在するだけの
残念な印象になっていましたが、
最終的にどこまで仕上がったか、楽しみにします。
バニレン緊急イベント以上にダーカーが押し寄せてくれないと
全く期待外れというものです。





SH堪能

October 27, 2013
気がつけば10月も後1週間。
2013年も残すところあと2ヶ月となりました。
今年予定されていた残アップデートは
海底フィールド、新12人緊急クエストだったと思いますが
件の事件から大幅なスケジュールの見直しがされたようですので
実際に実装されるかどうか不安に感じていたりします。
・・ちゃんと探せば4gamerなどで今後のリリーススケジュールが
公開されているのでしょうか?
ニコ動のPSO2放送局などでは、
ばっちり公開されているのかもしれませんが…。
ここまでゲームに入れ込んでいて
まったく放送局は観たことがないという体たらく…。
ええ、平日の帰宅時間は勿論22時過ぎですよ。Viva、社畜っ!

さて、全フィールドSH実装によって
どっぷりはまっているアークス達が
VH実装当時を思い起こさせる『まるぐる』を再展開していますね。
アドバンス、ExとSEGAさんも色々実装してくれましたが
個人的にはこの『まるぐる』が一番面白いんじゃないかと感じています。
ここ最近はDFを除くダーカー強襲系の緊急クエストが
すっかり身を潜めていますが、
あの頃は12人揃ってダーカーを薙ぎ倒し、
PSEバーストを何度もチェインしたものです。

VITAのスペックも考慮しなくてはいけなくなったので
湧きのサイクルなど見直しが入っているかもしれませんが、
いずれにせよ過去のPSEバーストの楽しみを
再び感じさせてほしいものです。

そう言えば、火山緊急でPSEバーストが発動したら
赤字で『+60』秒などという滅多に見ない延長が行われました。
発動条件が分かれば是非とも再現したいところですが、
残念ながら詳細は不明です。
ただ状況としては、
1つの大きな塊以外に少し離れた場所で
おれと後1人がばりばりダーカーを薙ぎ倒したってことは明らかです。
開発がPSEバーストの仕様を見直しているようなので
知られないところで調整しているのかもしれませんね。
というか調整してほしいです、マジで。

明けても暮れてもSHマップを闊歩しているわけですが、
目的はレアドロップではありません。
あんなものはどうせ2,3ヶ月で息が切れる存在です。
おれが狙っているのはLv16のPA。
メイン武器として扱っているナイフのPAでは
割と早くシンフォニックドライブが手に入りました。
…これ、Lv10の時に異様に強化されましたが
Lv16でも大幅に強化されていますね。
517 → 776 (消費PP: 30 → 28 !)ですか。
レイジング・ワルツを上回る追尾性能を存分に生かせば、
距離を詰めつつ大ダメージが狙えるということですね。

これの調整によって影を潜めたかに見えた
レイジング・ワルツですが、
ところがぎっちょん、SEGAさんはちゃんと住み分け考慮した
調整をしてくれたようですよ。


ダメージ 322 → 324 (消費PP: 30 → 20 !!!!)

これはっ!
全ナイフ使いが歓喜の叫びを上げざるでは得ないではないですかっ!
これでさらに空中戦を継続できるっ!!
困ったときはレイジング、困ってなくてもレイジング、というわけですな。
んで、エネミーをつかんだら、シンフォニック→シンフォニック→シンフォニック…。

その他PAでもナイフは好調整がされたようで、
ブラッディサラバンドの登場によって
すっかりスタメン落ちしてしまったPA達が
前線復帰といわんばかりに
大幅なダメージアップ、もしくは消費PP減がされていますね。
おれが好きなスケア・フーガもダメージが 479 → 718 と
大幅に向上されています。
あのPAは空中で戦っているときに足元でちろちろしているエネミー達を
巻き込むときにとても使えるんですよ。
投げモーションで、エネミーの行動を封殺するためにも有用です。

そんなこんなで
対ブラッディサラバントともいえる調整がされたナイフPAですが、
そこは低迷していたナイフに光を差したブラッディサラバンド。
1対多を切り抜けるための手段としては
俄然トップの性能を誇ります。
というか、もともとPAの額面よりも大きなダメージが出るPAなので
調整もひったくれも…。
『現状維持でよしっ!』ってところですか。

そして去年の今頃おれが最も好んだオウルケストラー…。
wikiでは 602 → 903 (消費PP: 32 → 30)と
ナックルPAのような額面になっていますが
入手元がダーク・アラグニちゃんのため今だ入手できず…。
楽しみはとっておきましょう。


強力な住み分けがされてPAの選択肢が増えたことは
全く好ましいことですが、スロットが足りません。

現状以下のようなスロットでプレイしています(FiHuの場合)。

上: レイジング・ワルツ → ブラッディサラバンド → スケアフーガ
右: デッドリーアーチャー → アクロエフェクト → トルネードダンス(去年から変化なし !)
下: バックハンドスマッシュ → バックハンドスマッシュ → バックハンドスマッシュ
左: シンフォニックドライブ → シンフォニックドライブ  → シンフォニックドライブ
select: アザースピン → アザースピン → アザースピン
start: 余った何か

※何を言っているか分からない人は、JoyToKeyで調べてみてください。

あぁ、「余った何か」にシュートポルカを割り当てればいいのか。

ちなみにですが、
レイジング・ワルツは切り上げ時にニュートラル状態になっているらしく、
ここで武器切り替えが出来ます。
例えば、レイジング → バックハンド で
ウォルガーダの顔面をタコ殴りに出来るわけですね。
これを他のPAでやろうとした場合、ニュートラル状態にするために
武器アクションを挟む必要があります
(過去の記事で紹介した動画の通りです)。
ちょっとしたことですが、割と忘れるので意識しておく必要があります。


さて、今日は龍祭壇で経験値ボーナスです。
Lv60以降、一体何にスキルポイントを振ればいいのか
判断できなくなっているFiですが、
先ずはカンストしてみます。
で、今朝がたチームメンバーと『まるぐる』してたら
念願のギルティ・ブレイクが手に入りましたよ。


確かドラゴンエクスのレア種、ノワル・ドラールの声優は
「榎本温子」さんとのこと。
同伴していたチームメンバーは「声かわいい」と言っていましたが、
おれにはちょっとヒステリックに聞こえて辛いものがあったりします。
それでも一言一言はっきりと何を言っているかが分かるところは
流石プロの業、ということでしょうか。
あの声でバードランドの子守唄でも聞かせてほしいところです。
…ハスキーとはちょっと違うのかな?

ギルティ手に入ったらからとりあえず休憩をと思い、
ボスルームに行ったら、また…。


今度は口元にホクロを付けて、お化粧モード全開。

「お弁当下げてどこまで?」
「ちょっとそこまで」

などと、となりのトトロのワンシーンのようなほのぼのした雰囲気は微塵もなく、
血眼になって斬りかかってきました。
ぶんぶん振り回す剣や盾やらを
回転ガードやブラッディサラバンドで去なしていましたが、
気がつくと死ぬ始末。
床掃除なら任せておいてくれ。
あぁ、ブラッディサラバンドは、前面しかガード判定がないから
奴の体がめり込むとダメージを喰らうのか。
くるくるガードが秀逸すぎて
他の防御で失敗するとは…。
ブラッディサラバンドを中断して、素直にくるくるガードしましょうか。


中佐、粋がる

October 15, 2013
SHが実装されて以来、
ダーカーを始めとする各種エネミーから
ワンツーとフックの三発を受けて
即死を繰り返す日々の中佐です。

なんだかDevilMayCryの
DanteMustDie(ダンテ死すべしっ!)みたいな状況になってきました。
いやはや、バージル兄ちゃんのスティンガーやら魔法で作った剣で
串刺しにされまくったのが懐かしいものです。
第一作目は、ファイナルバージル兄ちゃんと、ファイナルナイトメアが
群を抜いて難関でした。
ムンドゥスのおじさんは、本気ダンテが強すぎちゃって
ラスボスの貫録を失っていましたね。
『てめぇはおれを怒らせた』ってところでしょうか。

さて、武器を揃える前に防具を何とかせにゃならんかなぁという状況ですが、
そんなものはまた今度。
新しいツインマシンガン、ミズーリを手に入れました。



SHが実装される前から気づいていて
マイショップで並び始めた段階で購入するべきだったのですが、
なにぶんおれはノンプレミアアークスなので
☆10のレアアイテムを購入するには色々準備が必要なのです。
プレミアよりもプレモルの方が好みですので…。

ザムロード以来の初見で購入を決意したのが、
今回のアルティメットファイター、サファイギリアスです。
まぁ要は戦隊モノの衣装がなんだって話です。
子供の頃はメタルヒーローを好んで観ていたので、
敏感にもなろうと言うものです。
当時は工場の中にトラックを突っ込んでおしゃかにしたりで
いちいち金がかかっていて良かったですね。
日本も勢いがあったという訳です。

巷では10503という暗号めいた表記が流行りらしいですが、
現段階ではミズーリには潜在能力がないようです。
とりあえず+10にはしたのですが、
他のクラス限定武器には到底及ばない。
ミズーリの上位版が
現状トップスリーにランクインする性能ながら
全クラス装備可能という、
全ツインマシンガンユーザをわくわくさせる状況ですが
Exに潜るかSHに耽るか判断に迷うところです。
チームメンバーのハイヒト候補が
Exの☆11ダブルセイバーを振り回していましたが、
改めて逆算すると、
なかなか骨の折れる数をこなさないといけないことに気付かされます。
ミズーリM13を手に入れる過程で、
ダブルセイバーも手に入るという心づもりでかかればよいのでしょうかね。


ともかく、せっかく手に入れたことだし
久々にFiGuに復職して
存分に楽しんでみましょうか。
…Guをlv60にするまではGuFiがほとんどだったんですけどね。
いっそのこと、武器装備の制限を現状と逆転させちゃって
基本全クラスで装備できるけど、ペナルティが刺さるとかの仕様にしたら
戦術が広がって戦闘が楽しくなるかもしれませんね。

今後の先行きを祈願して、
画像を撮ってみました。




ツインマシンガンはポージングがいちいち粋ですね。
こんな角度が無茶苦茶じゃ、
絶対に標的に当たらないと思うのですが細かいことは気にしない。
後光も指しましたし、こいつはワンチャンあるかもしれませんね。

SH迫るっ !!

October 06, 2013

せいっ !


せいっっ !!


そぉぅりゃっ !!

SHに向け修行中、朝飯は生卵3つだけ…。

既出の構図ですが、
このパターンが好きなんですよ。
さて、いよいよ11/9(水)にSHこと、スーパーハードモードが解禁されますね。
いつかの悲劇が再発しないように
先ずは無事なリリースを願うばかりです。
SEGAさんは願掛けとかやった方がいいかもしれませんね。
…いや、こういうの結構大事なんですよ。
信仰心が云々というより、周りに与えるインパクトが。
「上層部も気合い入れてるし、俺たちもより一層気を引き締めねばなっ!」
という感じで気持ちというものは拡散するものなのです。

かくいう俺も「いつでも来いよ」と構えるために
FiGuをカンスト(Lv60)しました。

Fiは8月終わりにはカンストしていましたが、
Guは倉庫で熟成させていた経験値ボーナスアイテムを
じゃんじゃん使って急ごしらえにカンストです。
結局急ごしらえなので
Guの特性を飲みこんだ動きができるようになったかというと
全然そんなことはないです。
残念。

とりあえず、
前回実装されたスタイリッシュロール関連のスキルが
滅茶苦茶強いので
最近はくるっと回ってから攻撃を始めるという
異様な状態になっています。
くるっと回ってヒールスタップ、
くるっと回ってメシアタイムでしょうか。

メシアタイム…ボタン連打が緩和されたために
なかなか面白いPAに成長しましたね。
無敵時間をいいことに
DFアームの突進に突っ込んだり
ファング夫妻の咆哮に突っ込んだりで、
エネミーが止まっているもののなかなか攻めづらい状況でも
体の中にめり込んでぶりぶり攻撃してます。
FiGuで遊ぶ時は連携に組み込みたいPAにランクインです。

PSO2関連のブログによると
マターボードで☆10の全職装備可能のツインマシンガンが手に入る模様。
こりゃ、外伝マター進めてる場合じゃないですね。
いやー、結構アフィンちゃんが意味深なことを展開してくれるじゃないですか。






Sympathy2013 - アルバム発売! -

September 30, 2013
9.4の件があってから
すっかりウハウハ元気がなくなってしまったPOS2ですが、
そんなことはそっちのけでアークスを堪能している中佐です。
9.4の時には時間的にダウンロード出来なくなっていましたので
被害ゼロです。

無論HDDのデータを削除するなど
勿論論外の所業ですが、
おれが被害を被ったとしても
せいぜい旅先で取った画像が消えることくらいです。
『仕事のデータがー』っていう人は、
PCの使い方を再検討した方がいいでしょう。
仕事用とプライベート用を一緒にすることなども論外と言えます。
セキュリティとか機密とか諸々の面で・・・。

さて、すっかりサーバのトラフィックが落ち着いた状態での
SH実装になるわけですが、
その前にちゃっかり今年3月末に開催されたSympathy2013のアルバムが
9月25日に発売されました。

ライブアルバムのようで、
観客の拍手や手拍子が入っています。
マイルス・デイビスやジョン・コルトレーンなど
往年のアルバムを聴くと、
当時の歓声や拍手も収められていますね。
昔はアルバム用に録音するなどということはなく、
ライブアルバムがベースだったようです。
いつかのブログで綴ったように
全国のアークスにも当時のライブの臨場感を送ろうとしてくれたと、
前向きにとらえましょうか。

因にまだ利用していませんが、
アルバムケースにはアイテムコードが記載されていて
ソニチのマグ進化や
ギターケースの武器迷彩、マイルームの楽器アイテムが
手に入るようですね。
正に当時配布したものを収めてあるわけですね。
あ、musicディスクは当時無かったかな?

9月中旬が過ぎ、だんだん秋めいて来てくれました。
酒の肴にじっくり堪能しましょうか。


毎度くだらない蛇足です。
今年も東京ゲームショウに参加しました。
おれがSEGAのブースに着いたら
ちょうど生放送が始まったときで
名物プロデューサが頭丸めて陳謝と今後の対応について
アナウンスしているところでした。
ブースでは10月以降の新マップを体験できたようですがスルーです。
スマホのちっちゃい画面に飽き、
iPadを買ったばかりでiOS対応アプリに関心があったので・・。

今回の東京ゲームショウに参加したのはこちらが本命です。
・・去年時点で10年前のOrtaの方が楽しそうなどと評価され、
発売三日前にマイクロソフトのジャッジにより
発売が延期されていたゲームです。
1年の時を経てキネクトではなく
通常のパッド操作に対応したようですね。
この記事を読む限り、キネクト要素が死んでいる訳ではないようですが。
パンツァードラグーンZweiにて
ガーディアンドラゴンの尻尾攻撃やレーザーを
上半身も一緒になって緊急回避していた身としては嬉しい限りです。
生憎試遊会場ではキネクトは見当たらなかったので
この要素を感じ取ることは出来ませんでした。
Ortaはプレイしていないので知りませんが、
Zweiとは違うのは左右に旋回しても
ビューモードが変わらないこと。
これまでとのシリーズと比較するために
フリーフライトを満喫できるボス戦を避け、
往年通りのストーリーモードで試遊しましたが
大分よかったですね。
WingedDeathを目指し、
眠れない日がまた来るというものです。

中秋の名月

September 21, 2013
タイトルのお月見どきとは若干ずれてしまいましたが、
当日に劣らず今夜も見事な月が見れたのでこのタイトルにしました。

当日は思わずショットグラスにウィスキーを注ぎこんで
月見酒に浸るくらい見事なものでしたね。
次の名月は7年後、8年後?
いずれにせよおれがミドル真っ盛りになっていることは変わらない。

さて、そんなミドル直行便に搭乗中の我が身ですが、
最近ようやくEp1を完了させました。

ダークファルス復活後は
ほとんどこの人の独壇場になっていましたね。



最後のストーリークエストはこの人のフィーバーっぷりがすごかったです。
まさか龍族まで己の引き立て役にしてしまうとは、
流石プロフェッショナル。




気合い十分、いざーっ。
おれも一献決めておくぜーッ!

と、まぁダメージを与えてもほとんど変化がない味気ないボスを倒し、
Ep1のスタッフロール。
去年の6月くらいから細々と始めて約1年と3ヶ月、
ようやくEp1完了です。
この人と出会った当初はおれも随分はっちゃけていたものです。


もうすっかり濡れタオルで闊歩するイケイケアークスを見かけなくなりました。
サーバの込み具合も落ち着きました。
ええ、色々あったらしいですね、
アップデートがストップした後に帰宅しましたので
おれは無傷でしたが。



ここからは恒例の蛇足。


おや、よく見かける姿の人がいますね、
誰でしょうか?
『白面は多くある必要なしっ!』と
2度と地を踏ませることなく粉砕してやりましたとも。


そしてこれが俺の第一秘書。


彼女が傍にいると、
フローリスの香りがするんですよ。
まぁなんのことを言っているかはさっぱり分からないと思いますが・・・。

中分けショートボブの方が雰囲気は出ると思いますが、
40Mメメタなんて、とてもじゃないが用意できません。
また再販してくれないかなぁ。
今まで男物しか観てこなかったので
今回初めて知りましたが、
女物の諸々は現実とおんなじでムチムチ高いですね。

My Favorite Things - Br 編 -

September 05, 2013
7月17日のEp2アップデートからもう2ヶ月近く経ったのですね。
全く早いものです。

さて、約半年ぶりにこの手の記事を書きます。
第二弾は期待の新星Brです。

前回と同様、
  1. 武器・PA
  2. Brスキル
  3. クラスの組み合わせ
の構成です。

先ずは武器・PAから。
Brの武器と言えば、カタナとバレットボウ。
日々接近戦に明け暮れる身としては,
カタナを優先的に扱わざるを得ないでしょう。

カタナのポイントとなるのは何といってもガード。
Huのソードと同様に前方のみのガードで、
Fiのツインダガーのガードのような絶大な防御力には至りませんが、
当身によるカウンターが出来ます
(因に、直接の原因になったかは定かではないですが、
何度かユーザアンケートで当身の実装を希望を出したことが・・・)。
この当身がかなり強力で、
JG受付時間が相当長く
前方からの攻撃を易々と防げます。
しかもカウンターの抜刀は通常攻撃よりも強力な攻撃。
抜刀アクションの間は無敵判定になっているようですので、
例えば、ファングパンサーなどの三段ひっかきなどが
逆に攻撃のチャンスになるわけです。


カタナのPAレビューは以下の通り。

・カンランキキョウ
カタナPAの中で最も使い勝手の良いPA。
一撃のダメージは大きくないですが、
360度広範囲に攻撃が出来、
かつチャージするとヒットしたエネミーをダウンさせます。
この360度ダウンに頼る機会は多く、
例えばTAのナベリウスⅡのエリア5に出現するカマリキヤロウ共の動きを
一斉に封じることが出来たり、
リリーパTAの爆弾の爆破にも活用出来ます。
密集時に発動すると一斉にエネミーがダウンしますので、
有利な状況を意図的に作り出せるという訳です。
チャージ中のサークルが小さくなったときのみ
ダウン効果が発生しますので
タイミングは身につけておきたいですね。

・ツキミサザンカ
シンプルに斬り上げるだけのPA。
ソードのライジングエッジとは異なりチャージはなく、
その分短い時間で攻撃を行うため
運用しやすいです。
打ち上げ効果がありますので、
このPAを繋げるだけで簡単に空中戦に持ち込めます。
Brは空中を維持する術に恵まれていないので
この後どうするかが問題。
楽しみを探す一つのポイントとして捉えておきましょうか。

・ゲッカザクロ
美人ではなく柘榴に落ち着いてしまったPA。
二段目の斬り上げで
ツキミサザンカのようにエネミーを空中に浮き上がらせますが、
アクションが斬り下ろし、斬り上げの構成になっているため
このPAで空中戦を展開することは難しいです。
個人的には、お気に入りのPA。
地上で使うとアクションの長いだけの今ひとつなPAですが、
小ジャンプと組み合わせると早いテンポの攻撃に様変わり。
これも運用を考えさせてくれる楽しみのポイントと言えます。

・アサキギリレンダン
前後左右のエネミーに対して簡単に間合いを調整することが出来るPA。
優秀なホーミング性能がありますが、
連続攻撃している合間には移動ができないので
活用には気をつけたいものです。
ホーミング性能が良いので、
むしろ連弾してほしくなかったちょっと残念なPA。

・ヒエンツバキ
ダブルセイバーのデッドリーアーチャーのカタナ版と言ってよいPA。
デッドリーアーチャーと同様に高いヒット数を稼ぐことができますが、
ブーメランのように円を描く軌道をとるので
体の小さなエネミーに対してはヒットさせ続けることが難しいです。
ですが、ボス戦などでカタナコンバット発動中に
ヒット数を稼ぐための手段としてはとても有効です。
バル・ロドスやDFアームのダウン中にこれを当てると
面白いくらいヒット数を稼いでくれますよ。

・サクラエンド
特撮ヒーローの必殺技を想起させる夢に溢れたPA。
その期待に応えるべく、チャージによって
威力増大、範囲拡大、エネミーの防御によるのけぞり判定消滅と
いいことづくめのボーナスを得られます。
正に決め技PAと言ってよいでしょう。

続いてはバレットボウ。

バレットボウの特徴と言えば、
なんと言ってもチャージ攻撃。
通常攻撃のチャージではなんとも神妙な只の攻撃に留まりますが、
PAをチャージするととんでもないダメージを弾き出してくれます。

その注目のPA。

・マスターシュート
バレットボウのその強さを代表すると言ってもよいPA。
チャージによって弾数、弾速が向上します。
それでも弾速はまずまずの水準になる程度ですが、
威力は凄まじく簡単に5ケタレベルのダメージを叩き出します。
自動的に狙ったか所に収束するので
Raの接射ホーミングのように
わざわざ弱点部位に接近する必要もありません。

・ペネトレイトアロウ
エネミーを貫通する矢を放つPA。
チャージによって威力が上昇します。
直線的に矢が進行するので
重なったエネミーを巻き込みやすく
また威力が大きいので運用と局面によっては
マスターシュートより頼りになります。
マスターシュート=タイマン
ペネトレイトアロウ=乱戦・混戦
という使い分けでよいかもしれません。
バレットボウ自体が一対多での戦闘に向かないので
局面は限られますが・・。

・カミカゼアロウ
アニメガッチャマンの必殺技『科学忍法火の鳥』を想起させる
男気に満ちあふれたPA。
カミカゼの名に相応しく我が身を投じた体当たり。
攻撃力が異様に高く、またシンフォニックドライブと同様に
エネミーを蹴り飛ばした際の弾け飛びを利用して
カミカゼアロウのループをすることが出来るのもポイント。
チャージしている間は空中に留まる点にも注目。
運用次第では危険な状況を回避することにも使えます。

・トレンシャルアロウ
アサルトライフルのグローリーレインを完全に喰ってしまったPA。
グローリーレインと異なりエネミーの頭上にちゃんと雨を降らせます。
最近流行りのゲリラ豪雨のように一気に矢が振る訳ではないので
体の小さなエネミーに対しては効果が薄いです。
対してボスなどの大型エネミーにはヒット率が高いので
合計としてはそこそこのダメージを出している、のかも。
計算したわけではないので詳細は不明です。

・グラヴィティポイント
着弾後、ゾンディールやアザーサイクロンの様に
周囲のエネミーを巻き込むPA。
引力発動までに若干のインターバルがあり、
またヒットしたエネミーが死滅すると吸引磁場が発生しないため
運用が難しいです。
吸引した後にベネトレイトアロウを放つと面白いかも知れません。
チャージしてる合間に吸引効果が終わっていますね。

・シャープボマー
バレットボウのPAにしては珍しくチャージがないPA。
矢の着弾時に小爆発が発生し
周囲のエネミーを巻き込むことができますが、
範囲が小さいため恩恵が少ないです。
PAのアクションが後方にジャンプするため
攻撃しながらエネミーとの距離を保つ運用で生きて来るかもしれません。
退き撃ちって奴でしょうか。


すでにかなりの長文になっていますが、続いてBrスキルについて。

・カタナコンバット
カタナを使う最大の理由であるスキル。
スキルを発動するとエネミーの前にワープし速度が異様に向上した
通常攻撃を連発することが出来ます。
とにもかくにも一方的にガシガシ攻撃が出来てしまうので、
調子に乗って攻め込みたいところ。
またフィニッシュの納刀の波紋(フィニッシュ)で
エネミーに大ダメージを与えることが出来ます。
横の範囲はカンランキキョウを上回り、
縦の範囲にも若干ながら判定があるようです。
スキル発動中にHITさせた攻撃の回数によって、
フィニッシュのダメージが増大する模様。
効率よくHIT数を稼ぐ方法としては先にも述べた通り。
当然コンバットを使っているときでも当身ガードは利用できるので
エネミーからの攻撃は落ち着いて去なし、
続くコンバットフィニッシュで華麗に葬り去ってやりましょう。

・コンバットフィニッシュ
コンバッターのコンバッターによるコンバッターのためのスキル。
このスキルを取得しなくてもフィニッシュでエネミーを攻撃できますが、
スキルポイントを1つ振るだけでダメージを2倍にしてくれます。
最大5つ振ることができ、3倍まで引き上げてくれます。
コンバットに惚れ込んだ人は取得しない手はないでしょう。

・ウィークスタンス
FIでお馴染みの制限のついた状況でダメージボーナスが発生するスキル。
このスキルの制限は、攻撃が弱点部位にヒットしたかどうかです。
ウィークスタンスアップと合わせると、
最大140%のボーナスを得ることが出来ます。
平時接近戦に明け暮れているアークスであれば、
エネミーの弱点部位は把握しているはず。
ボスなど弱点部位が隠れている状況では無理に発動せず、
弱点部位に攻撃できる様になってから発動するなどの
落ち着いた運用を心がけたいところ。
ペナルティも90%まで押さえることができるので、
それほど気になりません。

・カタナギア
すっかり忘れていましたこのスキル。
ギアスキルがないと当身もへったくれもありませんね。
このギアを取得し、当身でギアによる紫炎をまとってからが
カタナBrのスタートライン。

・Jリバーサルカバー
Brの縁の下の力持ちと言える頼りになるスキル。
ジャストリーバサルを発動すると最大20%HPを回復できます。
この恩恵はかなり大きく、
HPと防御力次第ではエネミーの攻撃を
ジャストリーバサルするだけで完全回復することが出来ます。
サブクラスでも十分お世話になるスキルと言えます。

・ブレイバーマグ
マグの技量ポイントを打撃、射撃両方の攻撃力に加算させるスキル。
技量マグを作成し、かつBrをクラスに選択しているなら
取得しておきたところです。

ようやくココまで来ました。
スキルのレビューで語ってしまているので
重複する部分がありますが、
最後のトピックはBrとそれ以外のクラスの組み合わせ。

●Hu, Fi
この近接職で生きてくるのは
ウィークスタンスとJリバーサルカバー。
おれはFiが好きなのでこちらをベースにしますが、
背中やお尻に弱点を持つエネミーが印象に残るような気がします。
ここでワイズスタンスと組み合わせればダメージの倍率は
大幅に向上するわけです。
また、近接職は接近する都合上、
敵に引かれたり投げ飛ばされたり吹っ飛ばされたりする機会が多いです。
ダメージを帳消しにしてくれるJリバーサルカバーを使えば
生存率はかなり向上すると言ってよいでしょう。
・・ウィークスタンスですが、
HuはFiみたいにレイジングワルツで空中の敵を撃ち落としたり
高速で後ろに回り込むことが出来たりするわけではないので
おとなしくアベレージスタンスに落ち着いた方がいいのかもしれません。
むぅ現実に即した発想かもしれませんが、
ロマンに欠けますね。

●RaGu
いつかの記事で
レイジングワルツ→パレットスコールのお遊戯を紹介しました。
鉄砲職で特に辛く感じるシーンが
エネミーに包囲された時。
「おれの後ろに立つんじゃねぇ」と
スティーブン・セガールやゴルゴ13ばりに
警戒に抜かりがない敏腕プレイヤーなら問題ないのかもしれませんが、
まるぐるエリアなどにはいるとなかなかそうも言ってられません。
ここで生きてくるのが、カンランキキョウ。
エネミーのダウンを取って退き打ちの体制などを立て直してください。
混戦になりやすいゲームですので
生きて来ると思います。
また、このクラスでプレイするときは
きっと高い射撃補正を持つマグを装備していると思いますので
バレットボウのマスターシュートなどの攻撃力を存分に堪能できますね。
そういえばいつかウィークバレット→マスターシュートの連携で
つり上げたバル・ロドスを秒殺する動画を観たことがあります。
恐ろしい話です。
逃げだしてわらわらエネミーが一直線上に追いかけて来たところを
ペネトレイトアロウで一掃。
という絵も楽しそうです。

●FoTe
ナ・メギドの登場によって
とんでもないバランスブレイカーに返り咲いたテクニック職には
さらにその強みを生かしてもらいましょう。
ウィークスタンスの効果は
弱点部位だけでなく弱点属性にも反映されます。
がんがん行っちゃってください。
・・おれはナ・メギドを習得していないので何とも言えませんが
かなり神妙な事態になっていますね。
このゲーム、面白いのか?って・・。


PAに関しては現状すべてのPAのレビューを書きましたので
「お気に入り」のタイトルに即しているかは疑問ですが、
現状のBrのレビューはここまで。
エピソード2で実装されたFiの新PAがあまりに粒ぞろい、
またテクニック職から離れて久しいことを考えると
Fiに関しても再レビューをかけたいところですが
きっと次はGuになるでしょう。

Sympathy2013 - アルバム発売迫る!-

August 30, 2013
こちらのリンクで紹介されているように
いよいよSympathy2013のアルバムCDの発売が迫ってきました。

ラインナップは実際に演奏された時の楽曲と違いはないようですね。
オマケがついてくるかどうか期待しましたが
贅沢は言いません。
というより、映像が付いてくるとか予想していませんでした。
9月25日が楽しみです。
・・今月も普段通りコーディングやら調整やらで
フラフラになって帰宅する毎日になりそうなので
あっという間に月末です。
やれやれ・・。

現実はあっという間ですが、
PSO2のストーリーの消化速度はチョーゆっくりです。
シングルエリアでうろうろしていたら
大会の開催に右往左往するアークス達の人間模様を
垣間見ることができました。

以下、おれが撮影した範囲ですが…。

筆頭はこの人!
我らが男汁、ヒューイのあんちゃん。


この人、ワイヤードランス使いなんですね。
おれもお気に入り。
アザースピン、ワイルドラウンドも大変優秀なPAですが、
ヘブンリーフォールでめちっとお手軽大ダメージを決めた時の
快感には及びません。


最高気温更新オンパレードの今年の夏に負けないくらい
暑苦しいことを言っていますが、
割と大事なこと言ってますね。

DFがストーリーで登場してから
ガラッと発言が変わるキャラクターがいるのも面白い。


よく対比として扱われるオーザとマールーですが、
DFの登場でにっちもさっちもいかなくなったことによって
協力するようになった姿勢が生まれていますね。
都合のいい時にはつまらん意地を張り合っていた犬猿の仲ですが、
所詮つまらん意地だということでしょうか。
…そう言えば、何かのストーリークエストでは
この2人が共闘しているEトラに出くわすことが出来ますね。


この人(?)は相変わらず変わっていませんね。
まぁ自己変貌するプログラミングでもされていない限り、
延々と同じことを繰り返すのでしょう。


いつか「いやー、おれはなんだか飽きてきたぜー」って言ってた割には
お肌つるつるにやる気満々のアフィンさん。
海パンはかせてビーチを歩かせたらモテそうですね。


…完全にフられました。


この人たちは相変わらずですね。
この辺のストーリーになると情報屋らしい活動をしているシーンを垣間見ることが出来ますね。


まだ新しい衣装には着替えていませんね。
あれはEP2になってからの衣装になるのでしょうか。
夏ももう終わりになるので
これからあの衣装見ても楽しみが半減するというものです。
…というか、本当に涼しくなってください。
もう暑いのは飽きました。


ウルクに何かあってから
完全にぶっ飛んでしまったテオドールさん。
やる気になったのはいいけど、
この先PSO2運営陣はどういう展開をさせるつもりなんでしょうね。


いつも一癖ある発言をする
大富豪のクロト。
PSO2一番の謎は、この人の財布の中身でしょう。


少しはちゃんとゲームをしているところを示さないとダメですね。
いつかのアップデートで追加されたチーム募集機能のおかげで
チームメンバーが少しずつ増えてきました。

これはその新人さんと一緒に海岸をうろうろしていた時のワンシーン。


…パンツァードラグーンのラスボスのお目見えではないですか。
プロトタイプドラゴン最終形態。
ゲロゲロ強かったことしか覚えてないや。
PSでリメイクが出ているみたいなので
プレイしてみるのも面白いかも。
いやー、あんなマイナータイトル、普通の店では手に入らないでしょう。
今はAmazonで大抵のものは手に入るか。


サターン版の動画だと思いますが、
おれが言ってるのはこいつです。
このプレイヤーはさっさとボスを倒せていますが、
この後にどえらい攻撃をしてくるんですよね、このボス…。

暑い夏はコレッ!

August 13, 2013

そこのキミ、冷蔵庫に侵入してツィートするなら、
スノウ夫妻のブリザードブレスで涼みたまえっ!
オヂさんは存分に堪能しているぞっ!!

最近アルバイト店員さんの僅かなイタズラ根性が
シャレになってない事態を巻き起こしていますね。

対応に追われている店長さんやその他店員さんの心境からしてみれば、
何年もかけて積み上げた実績や信頼を
一瞬にして破壊されてしまった思いでしょう。
どこかの閉店になってしまったレストランでは
当事者の元アルバイトさんに損害賠償も検討しているようで。
涼しさ求めたセリフを言うなら
「自分のケツは自分で拭きな」
という言葉に尽きます。


気が滅入るだけの話題はここまで、時間の無駄です。
ここから自己発熱で熱中症を目指しますよっ!

すっかり定時に発生するようになってしまった
全然緊急になっていない
ウォパル緊急クエストですが、
浜辺にふさわしいとても思想に富んだビジュアルに遭遇できました。


ぉお、白い桃が左右に揺れておる。
おぢさんとしては嬉しいばかり。
ハンケツにガーターですか。
正に峰不二子スタイル満載です。

今回のビキニはかなり露骨で
運営はどこに向かっているのか心配する声が
他の方のPSO2ブログで記載されていました。
女性向け水着がこれだけインパクトに富んだものなら
ブーメランにもインパクトが欲しかったっ!
そこは私のお稲荷さんだっ!!ってね。


ブーメランではありませんが、
これは取り立てほやほやのカット。

高いメメタを叩いて買ったライトを振るロビアクで踊っていたら
でかいヒヨコとモグラが同乗してくれました。
この直後奥の水色ヒヨコがカメラで撮影してくれました。
この「カメラで撮る」ロビアクは結構使い勝手が良くて、
誰かに向けて実行するだけで意思疎通ができるという優れもの。
画像は撮りそびれましたが、NPCハンスのそっくりさんを
カメラ撮影しただけで
ロビアクのみの無言の会話が成立しました。
いえ、お互いにポーズを取り合って激写しただけなんですけどね。
ノリがいい人かどうかもすぐに分かります。


ちょっと気が引けるので珍しく動画は貼りませんが
「ごっつえぇPSO2」という動画で
いかにPSO2のロビアクが作り込まれているかが堪能できます。
この元ネタをリアルタイムで見た人もいい歳でしょうね。
ダウンタウンのお二人は、このときが一番面白かった気がします。
あまりテレビを観ていない俺が言うのもおかしな話ですが。

最後に、本当にどうでもいいことなのですが、
プレイヤーが死ぬとお付きのマグが
主人の復活を願う様に周りをうろうろすることに気づきました。


相変わらず芸が細かい(おしりのことではありませんよ)。
開発者、もとい企画者の思い入れが滲み出ています。
昔のゲームでもこういう細かいところまで
作り込みたかったのでしょうが
なにぶんスペックが足らない。
今はものすごい速度でCPUの処理速度が成長しているので
付け替え可能なPCの場合、
この手の問題の重要度は低下するのかもしれませんね。
もっとも、おれのPCではもう大分無理が祟ってカクカクしていますが。

お気づきかもしれませんが、
こっそりマグの容姿が変わっていたりします。
Sympathy2013から5ヶ月経って、
ようやくマグにソニチを適用する決心がつきました。
それにしても、早い。
早いということは、その内CDが発売されますね。
あれからEpisode2がリリースされたりしてるから
ボーナス特典で色々含めてくれると嬉しい限りです。
・・欲張りというものですね。

祭りのあと ...

August 04, 2013
…ブログの更新頻度が著しく低下していますね。
みなさま、PSO2ライフを存分に楽しんでいますでしょうか。
おれはすっかり低迷気味...もといブログに綴るようなことが
めっきり減りました。

こんな状態をイメージしてくだされば幸いです。



…いや、さぼっているだけですね。
2013年もすっかり後半戦、Episode2も実装されましたし
ぶりぶりペースを上げていかなくてはいけませんね。


さて、6月から始まった
かれこれ2ヶ月間に及ぶドラゴン・サカーイバースト、
もといPSO2感謝祭も今度の8月7日を持ってお開きになるようです。
これで、6月初頭にビッグサイトで盛り上がったことや、
クーガーNX、アークスシップの炎渦を満喫したことも
すっかりいい思い出になってしまいます。
グランプリの最終決勝戦に関しては
知り合いが出場していましたので、
あえてノータッチでございますとも。
おれが観てるとツキがなくなりますので。
もっとも「余裕で予選落ちだぜっ!」と即効ツィートして来たんですけどね。
4gamerかなんかの記事で結果だけ閲覧させてもらいます。

ツィートと言えば、先日のバルス祭こと、
ジブリが誇る永遠の少年向け冒険ストーリー「天空の城ラピュタ」で
「バルス」のツィートが瞬間ツィート14万件を超えたようですね。
これがTwitterにおける世界最大の公式サーバアタックだというのだから、
それと5万件弱しか違わないPSO2の『10万アクセス突破!』という記録は
何気にすごいのかもしれませんね。
5万件しかって、半分以上違う…。
いやいや、オンラインゲームを楽しんでいる人と
天空の城ラピュタで盛り上がれる人の裾野の違いを
イメージしてくださいよ。

話はお祭りに戻って、
年末12月に新型登場のマイルストーンが置かれている
ダークファルス戦ですが、
Br育成のためにハードモードDF本体に、
4人で挑むという暴挙を最近連発していました。
ハード推奨ブロックは3つしか用意されていないので
すぐに一杯になってしまうんですよね。


これはそのゲートの1シーンです。
百戦錬磨のベテランアークス達も
なかなか少数でDFに挑戦したことはないようで、
重苦しい雰囲気での開幕になります。
いやー、ブロックが拡散してしまうので
どんだけ待っても4人くらいしか集まらないのです、ship05では。

残念ながら大体タイムアップで終わってしまいます。
当然腕を壊滅させる云々どころではなくて、
本体を討伐することを最優先で進めるのですが
これがなかなか・・・。
素のヴィタカタナじゃ辛くなってきたかな。

DF本体ちゃんの、
ストリートファイターⅡのダルシムを彷彿とさせる「よが~」のパンチが
Brにとっては「まるで幼稚園、お話にならない」な状態になっていて、
簡単にJGでやり過ごせてしまいますね。
JGばっかりしているので
全然紫色の炎を纏うことができないという…。
DF戦で炎殺黒龍波を纏えるのはいつの日か…。

今度は討伐最優先でカタナコンバットを連発して
フィニッシュ目当てでガンガン攻め込みましょうかね。
あれ、相当強いですね。
VHなどで連発したら本体の腕にもダメージが入りそうだから
苦情が来るかもしれませんね。


お祭りが落ち着いて来たのかネタがなくなってきたのか、
おれが常用しているwikiも最近はアクセスが落ち着き
なんとか参照ができる日が多くなってきました。
熱心なアークス達が
研究者のロジオやエメラインも顔負けの速度で
開発者がちりばめた種々の要素を解き明かしているようです。

おれも負けじと熱帯地域の音楽を彷彿とさせるファンキーなBGMと共に
海岸を闊歩していたら、
水を得て心の底から喜びを上げるナマズ野郎ことMr.アンブレラに出会いました。


まるで「ショーシャンクの空に」じゃないか。



あ、もしこの映画観たことがなかったら、
今度のお盆休みなんかに是非観てみてください。
Amazonのレビューに絶賛の渦が巻いているようなので
おれから言うことは特にありませんが、
観た後に何か残る映画だと思います。


ところで…ですが、
VH砂漠でチームクエストを進めていたら
珍しいリリーパ族に出会うことが出来ました。


なんと!リリーパ族のご年配ではないかっ!!
…お邪魔しておりますー。


乳臭い青二才ども顔負けに「りー!」と雄叫びをあげていますね。
このときのアクションは「気合いを入れる」でしたが、
「元気?」のようなファンキーなアクションだったら
さぞ面白い絵になるでしょうね。
思わず、その場で「へへー」と頭を下げてしまいそうです。
この紋所が目に入らんのかっ! っとでも言わんばかりに。

Powered by Blogger.